二人のときはできるだけ会話する

優子さんは、「大きな喧嘩になるのが怖いので我慢していた」と言っていました。その結果、頭の中だけで不満をため込み、「本当に彼のことを好きなのかな」「彼は私のことなんて好きじゃないかも」「こんなんじゃ、結婚してもすぐ離婚かな」と感じるほど強いストレスを抱えていたのです。

 頭の中で考えるだけで、彼と向き合えていないのは大きな問題。まだ二人は同棲を始めたばかりの発展途上カップルに過ぎず、お互いの理解や生活スタイルのすり合わせをしなければ不満を抱えて当然なのです。

 改善のポイントは、いかにガス抜きしながら、改善方法を考えていくか。話を聞く限り、優子さんは彼と一緒に過ごしていない時間が充実していないようでした。そこで、横浜 デリヘルで、十分なガス抜きができていないため、不満はたまる一方。本来、不満を抱える必要のない時間まで、不満を抱えることで、一層辛いつらい日々を自ら招いているのです。

 もし恋人との関係で不満を抱くとしたら、一緒に過ごしているときだけ。それを意識しつつ、二人で過ごすときは意識的に話しかけて会話の機会を増やしましょう。その中でお互いの理解や生活スタイルのすり合わせを行い、「これだけは改善してほしい」という不満から改善していけばいいのです。

 一気に距離が縮まったカップルの中には、安心してつい受け身になってしまう人が少なくありません。「きっと大丈夫だろう」「彼はこういう人だから」と信じるのはいいのですが、それで不満を抱えるくらいなら、自ら声をかけて改善していくことをおすすめします。